生まれるところは選べない

戸籍制度による格差問題
中国では都市に生まれると都市の戸籍、農村に生まれると農村の戸籍になるそうです。
都市で働いても戸籍を移せないのでここで格差が生まれてしまう。
農村に留めさせておくためとか生まれるところは選べないというけど、この差別は酷いですね。
まだレンガの家に暮らしている人がいるのと、高層ビルに棲む人がいるその差が不思議でした。
日本で爆買いとかあるけどとても貧しい農村の映像もあって違和感があります。
歳戸籍は3割、残りの7割は農村戸籍
農村の人は都市戸籍の人とは同じ仕事が出来ない
社会保障や公共サービスも違い、年金も20倍の差。
ゴミを物色する姿とか目を疑いたくなります
ゴミ拾いさせられる子供とか可哀想です。
教育を受ける義務がない国がアメリカに継ぐ大国になっているつもりかもしれないけど、国内をなんとかするべきです。
生まれるところは選べないので理不尽ですね。