発行された順番通り

現在、中山七里さんの本を図書館で借りまくっています。
発行された順番通りに読んでいないので、いろんなシリーズがごちゃまぜになってしまいました。
シリーズの主人公が他の話しにわき役として出ていたりするので、一方的に知り合いに出会ったような感覚があっておもしろいです。
事件が起きて警察が登場してそして犯人を捕まえる。
そういうストーリーの小説が好きなので、さまざまなタイプの警察官が出てくるのもわくわくします。
今はちょっと気弱で警察官にも見えないし推理も彼女と彼女の祖母に頼ってばかりの警察官が主人公の本を読んでいます。
犯人逮捕が一番の目的なので、そこに恋愛が絡んでくるようなのは今は読みたくないけど、憎めないキャラクターです。

コメントは受け付けていません。