人の訃報にたいするつぶやき

人の訃報にたいするつぶやきなどSNSで顔文字とか絵文字とか使う人は不謹慎だと思います。
例えそのマークが涙を流しているものだったり、悲しみを洗わしているものだったとしても、そんなものをつける神経が理解できない。
海外の俳優さんの訃報に涙が出てきました。
そんな中でみつけてしまったので余計にこちらの神経を逆なでしたのかもしれません。
気を付けるぎるほど気を付けるべきことです。
ショックでそこまで気持ちをまわすことができなかったのかもしれません。
でも人によってはその一瞬のSNSだけを見て、その人の印象があたえられます。
のちに後悔して取り消したとしても、そのことをまた見るとは限りません。
SNSを使う人は全世界に発信している自覚を持って欲しい。

コメントは受け付けていません。