中国で世界最長

中国で北京と南部の広州を結ぶ高速鉄道が全線で開通したそうです。
時速350キロの走行が可能だということですがこれは喜ぶべきもとでしょうか?
中国の高速鉄道といえば事故がおきたことで有名ですね。
しかもまだ乗客がいるかもしれないし、きちんと事故の検証が行われていないにも関わらず車両を埋めるという前代未聞のことをした会社です。
いいかげんな国でもさすがに国民も非難していました。
国土が広い中国では高速鉄道は必要不可欠だそうです。
でもそんな恐ろしいものに命をあずけるなんて絶対に無理です。
中国に降り立つこともないですがそんなものに乗るのは一生無縁でいたいです。
死にに行くようなものですよ。
日本の技術は信用できます。
でも日本でそんなに早い新幹線を作ってほしいとは思いません。
技術は信用していても万が一ということもありますし利便性を追求して安全性が低くなるのは困りますから。