がんの増殖を抑制

エジソンが発明した電灯は人々が夜も活動できるようになりました。
しかし夜は寝ているものだったのに、このことによってがんを高めてしまいました。
夜間の仕事を続ける看護師にガンが多いのです。
夜勤を続けると乳がんが多い
日中勤務の看護師を1としたら夜間勤務を付きに数回1.8倍、常に夜間勤務2倍以上の可能性でがんになります。
夜は寝るものなんだってあらためて実感しました。
なぜ夜に働くとガンの可能性が高くなるのでしょうか?
日中の人に比べると半分しか夜間の人はめたと人が分泌されません。
メタトニンが少ないとガンが少なく、多いとガンが大きくならない。
メラトニンはがんの増殖を抑制していることがあきらか
夜寝ている人の血液にはたくさんのメラトニンが含まれています。
夜、電気をつけているとメラトニンが少なくなり、夜中に働いている人にはガンの発症率が高くなっています。