いろいろあるんでしょうけれど。

ある日いきなり路線バスの乗り場に「運休」と紙を貼られてしまった住民。
運休どころか廃止になっていたのです。
なんのアナウンスもなくていきなりで、住民は学校や病院に行けなくなりました。
路線バスは事業の廃止には半年前に公表しないといけない
廃止の届け出を出した翌日に運休した
いきなりなんてひどすぎます。
日光市、矢板市、塩谷町には他のところに助けを求めたそうです。
いったんは確保できましたがあくまで暫定的で、7月7日まで
臨時バスで来月からどうすればいいのか住民は不安に思っている
自治体で現在協議中
自家用車の普及が多いとはいえ、子供やお年寄りのように車の運転をできない弱者に規制緩和でバス会社の参入が多くなり、再三がとれずに赤字路線になってしまった。