脳卒中の疑い

脳卒中の疑いがあるときにためしてみるといいことってのをテレビでやっていました。
てのひらをひろげて両手を自分の前に出す。
脳梗塞の場合は手が下がってくることがある。
口を「イー」とすると左右のバランスが悪い。
3時間以内に治療できた患者さんは1~2%くらいしかしません。
しかし早めに医者に観てもらう方がいい。
介護が必要となる原因
1位脳卒中
2位認知症
3位高齢による衰弱
早めに観てもらえば介護の必要が格段に減るわけですね。
ケイシュクという筋肉が常に縮むように脳が出しているという障害になる人が7割もいます。
最近はボツリヌス菌から作りだした薬でケイシュクを緩和させることに成功しています。
脳卒中は生活習慣病ですから脳卒中経験者は気をつけて生活をしています。
いつ脳卒中になるかわかりませんから普段から食生活を見直すことが大切ですね。